聲の形

西宮さんが将也にちゅきって言うシーン

聲の形で西宮さんが将也にちゅきって言うシーンがあるじゃないですか。頭下げていながら月っていうはずがないのに、なぜ月って勘違いしたんですかね?普通聞き取れなくても頭下げてちゅきっつってんだから分かります

 

よね?

 

西宮さんカワイソス

 

回答

 

石田が西宮さんのことを解ってたつもりで解っていなかったことを示すいいエピソードです。
彼は西宮さんに贖罪することが出来ないまま現状に不安と迷いを抱えながら会っていた。
全てをあきらめて生きてきた彼女が石田と再会してからどんなに心境の変化があったかなど考えもしなかったでしょうね。
ましてや彼女が、いじめていた自分を好きになってくれる、そんな贖罪とは逆行するようなこと、想像することすらおこがましいと考えていたはず。

 

回答

 

ショーヤはほんとにそういう気持ちがなかったのでしょうね。

硝子は将也に対して好きと告白しましたが将也には上手く伝わらず月と勘違いされました。

聲の形について。
硝子は将也に対して好きと告白しましたが将也には上手く伝わらず月と勘違いされました。

 

その後二人の結果はどうなったのですか?
愛人関係に発展したりは無いのでしょう

 

か。

 

回答

 

両想いであることは確かだと思いますが、ちゃんとした告白はどちらもせずに終わりました。
「その後」のストーリーがあるのなら読んでみたいですね。

 

回答

 

原作では結局お互い告白せずに終わっていたと思いますが、お互いに好きあっていると思うのでくっつくのは時間の問題だと思います。