聲の形

病院から出た石田と西宮が橋?の所で再会する場面の、主人公が西宮の手を手で包む?握る?みたいな感じの手話

聲の形の手話について質問です。

 

映画の聲の形の病院から出た主人公と西宮が橋?の所で再会する場面の、主人公が西宮の手を手で包む?握る?みたいな感じの手話ってどんな意味ですか?
生き

 

るのを手伝ってくださいの時です。

 

回答

 

分かりましたという意味です。正確には手話ではないです。
これは手話に限らず、相手が落ち込んでいる時に
そっと手を握る、肩を叩くという行為が相手に安心感を感じさせるのと似ています。

 

その後、西宮が石田の手を使って「友達」の意味の手話をさせます。
そして西宮は「約束」の手話をして石田の想いに答えます。

 

生きるのを手伝ってほしい
わかりました
私たちは友達です約束します

 

原作を超えたとても美しいシーンだと思います。