聲の形

西宮硝子がマンションから飛び降りようとした時、石田将也が「西宮」から「硝子」に呼び方を変えた理由

聲の形で、硝子がマンションから飛び降りようとした時、まさが「西宮」から「硝子」に呼び方を変えた理由はなんだったんでしょうか?

 

回答

 

普段通り名字だと距離感あって切羽詰まった様子に見えないから、硝子と呼ぶことで大切な人という印象を与えたかったのでは。命懸けのシーンですからね。

 

石田の心情から言うと、西宮では届かないかもしれないけど、名前を呼ぶことで留まってくれ!!どうか届いてくれ!!死なないでくれ!という切実な心境からかと。死のうとしてる相手に精一杯呼びかけた結果です。

 

映画でのこのセリフ、とても印象的でした。
将也の中でもう大切な存在になっていたのがすごく伝わってくるシーンです。