聲の形

真柴が将也を殴った理由

 

 

 

 

回答

 

川井さんに関してはもう何も言いたくありません

 

この子が反省する未来が全く想像できない

 

真柴くんは過去の将也のいじめに対して殴ったというより、酷い暴言で植野さん、佐原さんを傷つけ、川井さんを泣かしたことに腹を立てたのかと思います

 

しかしそうだとしても真柴くんは当事者じゃないし、いじめの件に関しては全くの無関係

 

将也を殴っていい理由などあるはずもない

 

正義感面で将也を殴ったことに引きました

 

お前は一体何様?

 

結絃が何様だよと言ったのも当然です

 

しかもそれに対して「他人様」って・・・・・・・・

 

他人だったら尚更殴っていい道理などない!

 

真柴くんも歪んだ部分がある人間だったんだなと思い知らされました

 

ここからどう友達関係を修復するのか

 

この作品はハッピーエンドで終わりそうですが、それまでに川井さんと真柴くんを何とかまともにして欲しいです

 

今後は島田も絡んでくるでしょうし、もう問題が山積みですね

 

将也と硝子のハッピーエンドを願うばかりです

 

今回は植野さんと巻き込まれた永束くんが不憫でした

 

今日発売の少年マガジンに注目ですね

 

将也と硝子のデートはどうなるのでしょう・・・・

 

微笑ましい話になって欲しいです

 

回答

 

川井さんは自分も悪口を言っていたなんて自覚はないでしょうね

 

それどころか自分はあの当時怖かったなんて言い訳までする始末

 

救いようがない、そしてタチが悪い

 

だからどんな説教も暖簾に腕押しでしょう

 

植野さんと友達なのは、単に表面的なものだと思います

 

今回のことで植野さんも川井の本質に気づかされたでしょう

 

今までは無難に、いじめのことも忘れて友達をやってたんでしょうが

 

それにしても真柴くん、「いいの?」って・・・・・・

 

いいわけないでしょ!ほんと何様だ

 

今週号のマガジンの聲の形、切なすぎるデートでしたね

 

真柴くんと川井さんはもうこの二人に関わらないで欲しいです

 

回答

 

私見なんですが、あれは将也の過去に怒ったのではなく、あの壊れた場を自分ひとりのせいにすることで、「敢えて」暴言を吐いたことに対して、お前それは違うだろ、という意味を込めて殴ったのではないかと思っています。

 

真柴くんは確かに理不尽な事に対してはやりすぎな面を持ち、最低だと思った奴には容赦せず暴力を行使するという非常に怖い一面を持っています。

 

しかし、川井さんにばらされるまでは将也と硝子の良好な関係を知っていましたし、
深く反省していることも川井さんから聞かされました。
だから、硝子との関係が修復されている以上は、また、仲良くなるまでに過去を解消したのだと知った以上は、今更殴ろうなんて考えていなかったと思います。

 

しかし、あの場を収めたやり方

 

本心ではないでしょうが、助け舟を出した植野にも、フォローした佐原さんにも心無い暴言を吐いたことが許せなかったのだと思います。

 

川井さんに対する言葉は唯一の本心だったと思いますが、真柴くんはあくまでいじめの主犯格が将也だと聞かされただけであって、川井さんの卑怯な逃げは知りません。

 

それは当然のことですが、川井さんが無自覚で硝子のいじめに加担していたなんて微塵も思っていないわけですから、真柴くんの認識としては河合さんはいじめグループの一人とは思っていません。
川井さん自身に自覚がないので真柴くんに自分も加害者だなんて言うはずがありませんので。

 

なので、川井さんにも暴言を吐いた将也が許せなかったのかなと思います。

 

また何よりも、自暴自棄、投げやりになって最低な暴言で女の子を泣かせたことが一番許せなかったんだと思います。

 

あの場を収める為に将也がわざと自分ひとりで悪役を引き受けたとも思いましたが、でも単純に自暴自棄になったと見るのが自然です。

 

そんな将也に真柴くんは鉄槌を下したのだと思います。