聲の形

川井さんがどうしても許せない

「聲の形」の川井さんがどうしても許せないのは自分だけでしょうか?

 

植野も暴力はどうかと思いますが石田のことを想って自分の本音を西宮に伝えていました。

 

しかし川井さんは最後まで自分のために石田を陥れたりしていました。(みんながバラバラになったり、西宮が自殺しようとするのもこれが原因だと思っています)

 

千羽鶴も自分の好感度のためにクラスのみんなに言ったとしか思えません。
こんなことを思う僕は捻くれ者かもしれませんが、川井さんは最後まで悪役だったと感じています。

 

 

回答

 

川井も欠点の顕著な子です。

 

彼女が始末に負えないのは自分に悪気がないと思い込んでることです。
自分が正しいと思っている。

 

しかし、逆に自分が正しいと思っていないと壊れそうになる脆さも持っています。
だから誰かに依存したい想いも強く、真柴に従うのだと思います。

 

私は、千羽鶴は彼女としては計算していないと思います。
いや、彼女の中では計算などしていない、本当に石田くんのことを想ってやってるんだ、ということになっているのです。
だから否定されただけで傷つき、壊れそうになり、真柴に助けを求める。
とにかく、自分のしていることは正しいんだ、ということを貫いています。

 

しかし、悪役ではないと思います。
川井の性格は極端にしろ、こういう子は少なからずいるのです。
聲の形はそうした心の欠陥、人として歪んだモノが赤裸々に描かれているのが素晴らしいし、そこに心を掴まれるのだと思います。

 

 

確かにこの漫画は人間のリアルな部分が出ていると感じました。
見方を変えてもう一度初めから読んでみます!