聲の形

石田将也(いしだしょうや)が、学校でいじめられるようになった理由

1巻を読んだとき
いじめっ子の周りにいた人達は
いっせいに裏切りいじめっ子をいじめていました
確かに自業自得なのはわかります

 

でも周りにいた人達は
なぜいじめっ子を先生に怒られた境に
いじめだしたのかが分かりません

 

いじめが嫌いだったのなら
もっと早く言えばいいと思うし
先生だって小学6年生の子に
自己責任という言葉いがいに教えてあげられることはたくさんあったはずです

 

それなのになぜ
いじめっ子だけが悪いという
認識をみなさん理解できるのですか

 

わたしは周りの人達が
一番悪いと思ってしまいます

 

 

回答

 

 

島田一旗(しまだかずき)

島田一旗が石田将也をイジメるようになった理由は、
石田将也が主犯格にも関わらず、自分を巻き込もうとしたため。
腹が立った。

 

その他のクラスメート

石田将也以外に、クラスの何人かが西宮硝子をイジメていたが
それを公表すると、今度は自分がイジメられる恐れがある。
そのため、クラスの大多数の人が見てみぬふりをしていた。

 

担任の竹田先生の「石田将也が全て悪い」の意見に賛同し、石田将也一人の責任にして
イジメることにより、見てみぬふりをしていた自分らを守っていた。

 

担任の竹田先生

石田将也一人だけを強く非難することにより、
自分の監督責任を逃れようとしていた。