聲の形

『君の名は。』か『聲の形』、どちらのほうが面白いと思いますか?

『君の名は。』か『聲の形』、どちらのほうが面白いと思いますか?

 

来週あたりに 映画館に行って『聲の形』を観るか『君の名は。』を観るかで悩んでいます。
すでに『君の名は。』は映画館で見たのですが、また観たいという思いがあります。しかし、『君の名は。』より『聲の形』のほうが面白かったと言っている人がいて、それなら観たことない『聲の形』を観てみようか、と思うのですが、いややっぱり『君の名は。』も観たい…と、結論が出ません。
『聲の形』は、『君の名は。』に匹敵する面白さなんでしょうか?

回答

今日、「聲の形」観てきましたけど、いわゆる面白いって感じの映画じゃなかったです。
何というか・・・以前、(恥ずかしながら)嵌っていた「うさぎドロップ」に近いかなと・・・いろいろ考えさせられる映画でしたし、親として他人事ではなかった。
もちろんストーリーは違うけど、いじめ問題に焦点を当てつつ、青春物としては「聲の形」の方が丁寧に描かれていると感じました。全体的にたおやかで女性監督の作品らしいなって思いましたねー。

 

私の極めて強い偏見に満ちた意見ではありますが、「君の名は。」のノリで「聲の形」を観ると、おそらく退屈すると思います。もう一度観たいとお思いなら、君の名は。をリピートした方が良いのではと思います。

 

 

 

 

 

『君の名は。』と『聲の形』は、同じような時期に公開された、高校生が主人公のアニメというだけで、似たようなものだろうと勝手に思っておりましたが、全然違う内容だということがよく分かりました。

 

『聲の形』もジャンルが違えど面白そうだと感じたので、機会があれば観ようと思います。まだ観に行くタイミングがつかめていませんが、映画館では『君の名は。』を観ようと思います。

 

 

 

 

 

はっきり言って「楽しくはない」です。
そういう『面白さ』を求めているなら見る必要はない。

 

聲の形
は人間関係を描いた作品といってもいいでしょう

 

聖人君子ではなく、短所をそれなりに持った人間が
どのように絡んでいくか
いじめ問題の解決の難しさはこういうところにあるんだな
ということが見えてきて、どうしたらいいのか
ということを真剣に考えさせてくれる作品です。

 

そういう『面白さ』がある作品なのですよ。