聲の形

石田将也(いしだしょうや)の手話が上手すぎる

聲の形を見て思いましたが、

 

石田くんは西宮さんと再会した時に手話が普通に出来ていたのは

 

やはり、自分も虐めを受けるようになり

 

中学時代に将来的に西宮と再会して謝ってから自殺しようと考え勉強はしていたと思いますが部活はせずにずっと、手話の勉強をしていたのでしょうか。

 

回答

 

元々、手話に興味があり、ずっと勉強していたという佐原の手話もあまり上手ではないという設定です。
ただ硝子に謝るだけに独学で覚えたにしては、石田の手話は上手すぎます

 

 

バイト以外に人と接しなかっただろう石田が、手話教室に通ったとも思えません。

 

硝子も手話をゆっくりやっているのでしょうが、日常生活に困らない程度に「会話」が出来ています。
まあ、だからこそ、硝子に誠意が伝わったというべきなのでしょう。